仙台キャバクラ求人

仙台キャバクラ求人

仙台キャバクラ求人のホームページ

健康的な髪と頭皮を保つための正しいシャンプーのポイント

髪や頭皮に関する悩みというのは、尽きないものです。もちろん、髪や頭皮に関するトラブルというのはさまざまな原因で起こるのですが、多くの場合、シャンプーの仕方に問題があるものです。というのも、間違ったシャンプーの仕方をしている方が多いのです。ここでは、健康的な髪と頭皮を保つための正しいシャンプーのポイントについてご紹介していきたいと思います。

・38度くらいのぬるめのお湯を使うこと
シャンプーをする際に、熱いお湯を使っているという方も多いのではないでしょうか?確かに熱いお湯を使ったときのほうがスッキリするものですが、熱いお湯を使ってシャンプーをすると必要な皮脂まで洗い流してしまいます。その結果、頭皮の乾燥が進み、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されるようになり、頭皮環境が乱れてしまいます。そのため、38度くらいのぬるめのお湯を使ってシャンプーをするようにしましょう。

・シャンプーを泡立てて指の腹で丁寧に優しく洗うこと
シャンプーをする際、シャンプー液をそのまま頭皮にべったりと塗りつけてからゴシゴシと強く洗っているという方も多いのではないでしょうか?それでは洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで洗い流してしまいますし、すすぎ残しも起こりやすくなります。これらも頭皮環境の悪化を招きます。
そのため、シャンプーは直接頭皮にべったりと塗りつけるのではなく、手である程度泡立てた上で、さらに髪で空気を含ませるように泡立てましょう。頭皮を洗うときにはなるべく摩擦が起こらないように、指の腹を使って優しく丁寧にマッサージをするように洗っていくことです。物足りないかもしれませんが、こうすることによって必要な皮脂を残すことができるのです。

・しっかりとすすいでドライヤーまで完璧に
シャンプー後には、しっかりとすすぎましょう。すすぎ残しで頭皮に炎症が起こるようなこともあります。しっかりとすすいだらタオルドライ後に、ドライヤーでしっかりと根元から乾かすようにしましょう。ドライヤーは基本的に微温風と冷風と使い分けて、熱によるダメージを最小限に抑えておきます。自然乾燥は頭皮環境が悪化してしまいますので、絶対にNGです。ドライヤーまで完璧にしてこそ、健康的な髪と頭皮を保つことができます。