仙台キャバクラ求人

仙台キャバクラ求人

仙台キャバクラ求人のホームページ

日本の接客の質が低下している2つの理由

世界的に見ると日本は接客のレベルが高いと言われています。ただ、日本が高く評価されていたのは、もう過去のことと言えるでしょう。日本の接客の質が低下しているのは、日本にいる方であればすでに体感しているかと思います。ここでは、日本の接客の質が低下している理由についてご紹介していきたいと思います。

・接客する側の想像力の欠如と責任感のなさ
日本の接客の質が低下している理由として、まず挙げられるのが接客する側の想像力の欠如と責任感のなさです。例えば、何か提供したものに問題があったとします。それを指摘された場合、すぐに新しいものを持ってくるなり返金をするなりの対応が必要でしょう。これは当たり前のことです。しかしながら、最近では接客する側に問題があり、それを指摘されても「だから何ですか?」と言わんばかりの言動をとるというケースが増えているのです。
これは接客する側の想像力の欠如と責任感のなさによるものと言えるでしょう。お客さんがどう思うか、何か問題が発生したときに責任を感じるのか……こういう基本的なところが損なわれているからこそ、日本の接客の質が低下しているのです。

・一部のモンスター客による悪影響
日本の接客の質が低下しているもうひとつの理由は、一部のモンスター客です。最近ではテレビで連日のようにモンスター客の映像を見聞きするものです。日本人がモンスター化、凶暴化しているのかもしれません。この一部のモンスター客による悪影響というのも確実にあるでしょう。モンスター客は、接客をする側だけではなく、優良なお客さんにまでその悪影響を及ぼしているのです。
例えば、モンスター客が続くと、接客をする側というのは当然、警戒します。そういった中で、優良なお客さんが「こういう問題があったんだけど……」という至極真っ当な苦情を入れた場合、接客する側に問題があったとしても一方的にお客さんが悪いと決めつけてしまうようになるのです。その結果、問題のない優良なお客さんが損害を受け、優良なお客さんが離れていくという悪循環を招くのです。
今の日本というのは、思っている以上に恥ずかしく悲惨な状態と言えるでしょう。